【有美食工房】森川有子社長

真の健康についての深い考え

有美食工房の森川有子さんは管理栄養士であり、ダイエットコーチでもあります。
学生時代には新体操をしており、その頃には自己流のダイエットをして失敗してしまった苦い経験があります。
そのことがきっかけとなって、栄養士の道を目指すことになりました。

その後は、ダイエットやスポーツから、カウンセリングやコーチングのスキルまで身につけて、健康のためには一体何をすればいいのか、真の健康に関して深く考えています。
真の健康を実践するためには、ひとりひとりに合った方法を提案することが大切だと森川有子さんは考えて、その結果、2006年には有美食工房が設立されたというわけです。

森川有子さんは1995年に栄養士の免許を取得して、1999年には管理栄養士と調理師の免許を取得しました。
2005年にはスタビライゼーションインストラクターを習得して、2006年には薬膳アドバイザーを取得しました。
これら以外にもたくさんの免許や資格を有しており、それらは現在の仕事に活かされています。

1995年にクリスタルスポーツクラブに入社して、そこではインストラクターと栄養士を兼ねてトレーニングの指導や栄養セミナー、イベントの企画運営といった仕事に関わっていました。その後、1999年からはオーストラリアに遊学をし、一人旅を経験しました。
2000年にはMTフーズに入社し、2003年にはサニーヘルスに入社しました。
そして、2006年には栄養相談室・有美食工房を設立させて、企業や個人に対するウェイトコントロールコンサルティングや、芸能界やスポーツ界の人達に対する完全個別によるダイエットコーチングを実施しています。

有美食工房とはどんな会社か

有美食工房とは美と健康をサポートするための業務を行っています。
コンセプトは運動や栄養、休養、そしてあなたとなっています。
単に食を提案するだけではなく、どのようにすれば理想的な美容や健康を実現できるのかを真剣に考えて、色々な提案を行います。

具体的にはウェイトコントロールをするための食事や運動のプランを提案したり、栄養やダイエットなどに関するコンサルティング業務を行います。
他にも、講演会やセミナーの企画を実施したり、マスメディアやその他色々な媒体で執筆や出演をしています。
ダイエットサークルのYOUを主催しています。

このように幅広い事業内容により、多くの実績をあげています。
たくさんの人から評価されている会社です。