アロマセラピストってどんな仕事?

アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピーとは、花や薬草など自然由来の植物をもとにして作られた香りを用いて行うリラクゼーションのことです。

香りと人の精神は深く関わりがあることが研究によって明らかになっており、積極的に香りを使用していくことにより、精神的に問題を抱える人にとって大きな効果を生み出していくことができます。

これは人の脳が、仕組み的に香りを感知する機能と感情を司る機能を隣接させていることが関係しています。

逆に言うと香りによって気持ちを悪くしたり精神的に不安定な状況に置かれてしまうという危険性もあるということから、香りを使うためには専門的な知識や経験が求められるのです。

アロマセラピストはそんな「香り」を積極的に用いるための専門家となるための資格であり、カウンセリングルームや病院の待合室など、人が不安を感じやすい場所において緊張感を和らげ、過ごしやすい空間にするための手伝いをしていきます。

アロマセラピストとしてのやりがい

アロマセラピストとしての勤務場所となるのは、主にエステティックサロンや美容院などの美容系施設です。

そうした場所を利用する人の多くは、直接的な施術(痩身やマッサーシ、ヘアケアなど)だけでなく、心身をリラックスすることができるということを目的にして訪れます。

そこでアロマセラピストは、訪れる人にとってより気持ちよく過ごせるための香りを演出していくことになります。

資格を取得して専門的な知識を取得することで、香りそのものを職業にするということも可能です。

アロマセラピーはお店だけでなく自宅で行っている人も多いことから、お店に勤務をしてどういった香りがおすすめであるかといったことを、プロの目からアドバイスしていくことができます。

疲れた人の心を癒やし、前向きな気持ちにしていくことができるということが、アロマセラピストとしての大きなやりがいになるでしょう。

アロマセラピストが女性に人気な理由

もともとアロマセラピーに興味がある人としては女性が多く、最初は趣味として始めたものが次第に職業として活かせる知識になった、というような例も多くあります。

自分もアロマに興味がありもっと詳しく知りたいという人にとってはまさにアロマセラピストは天職であり、職業を通じて自己実現をしていくことができるでしょう。

またアロマセラピストの仕事は訪れる人の気持ちをやわらげ心地よく過ごしてもらうことにありますので、たくさん人の笑顔を見たいという人にとって向いています。

他の美容資格を持っている女性などはさらに満足度を高めることができることから、理美容師として勤務をしていたり、病院事務などをしている人が新たにアロマセラピーの資格を取得するというようなこともよくあります。