エステティシャン

エステティシャンの仕事内容

エステティシャンのおもな仕事は、お客様にフェイシャルやボディケア、脱毛などを行うことです。
最近は、全身脱毛の専門店などが出てきており、エステ業界も分業化されつつつあります。
ほかにも、アロマテラピーや手足のリフレクソロジーなど、エステティシャンが活躍できる場がたくさんありそうです。

昔と比べると、エステサロンの料金がかなり安くなっていることもあり、たいへん利用しやすくなっています。
ただ、キャンペーンなどを行うエステが多く、客単価が下っているため、それを補おうとして化粧品の販売などを行うエステサロンがあります。
なかには、強引な勧誘を行っているエステサロンもありそうですから、入社する際に注意が必要でしょう。

脱毛が身だしなみとして定着していることから、ボディケアより脱毛サロンが増えているようです。
脱毛サロンの中には全身脱毛、ハイジニーナ、ブラジリアンワックスなどの専門店も登場しています。
レディースサロンだけでなく、メンズサロンを併用しているエステサロンもあります。

エステティシャンに向いている人

エステティシャンになるには、ハンドマッサージなどのテクニックと、スキンケアの知識が必要です。
ただ、それらは短期間で簡単には身につきませんから、経験を積むことでしょう。

技術的なものに加えて、エステサロンで最初に行われるのがカウンセリングです。
エステティシャンはカウンセリングでお客様の肌の悩みについてうかがって、改善するポイントを説明します。
料金が高額になりがちなエステサロンでは、かかる費用面に関して丁寧に話す必要もあります。

お客様が抱えている悩みに対して誠実に向き合い、納得のゆく説明をすることが大切です。
肌の状態や体質などはそれぞれに異なりますから、探究心を持ってボディケアを行える人がエステティシャンに向いていると言えるでしょう。

エステティシャンの将来性

エステティシャンの勤め先として、エステサロン、ブライダル会社、化粧品メーカー、美容院、ホテル、スパなどがあげられます。
多いのはエステサロンで働く人ですが、美容に関する仕事であれば、どこでも需要がありそうです。

ブライダル会社では、おもに結婚式のためのフェイシャルやボディケアなどを行っています。
化粧品メーカーで働く際には美容の知識が、美容院に勤める場合はハンドマッサージなどのテクニックが役立つでしょう。
ホテルやスパには、エステプランを導入するところが増えているようです。

ハンドマッサージなどのテクニックとスキンケアの知識があることで、比較的転職しやすい業種ではあります。
大手のエステサロンには支店の多いチェーン店がありますから、職場を変えたり引越しがしやすいでしょう。