保育士

女性にとって大きなアドバンテージ

保育士が女性に向いている理由の一つは、女性の中には子供好きが多い点です。
女性というのはそもそも子供を産むための性別であり、女性本能を有している存在のため、これは当然のことでしょう。
もちろん、女性の中には子供嫌いだという方もいますが、大部分の女性は子供に対して愛着を持つことができるでしょう。

子供が好きでなければ保育士の仕事を続けることは難しいです。
逆に言えば、どんなに辛い環境だったとしても、子供が好きなのであれば、保育士の仕事を続けられるという方は多いのです。
子供が好きという点で保育士は女性にとって大きなアドバンテージがあるといえます。

また、保育士は保護者との交流をする必要があります。
子供たちの様子について保護者に伝えたり、逆に保護者の方から要望や意見を聞かされることもあるでしょう。
このような対応をするのは社交性の高い女性向きの仕事といえます。

保護者に対して誠心誠意接することが要求されるため、接客業に向いている人は保育士にも向いています。
女性の多くは接客業向きの性格をしているため、保育士の仕事も問題なくこなせることが多いでしょう。

保育士の方には手先の器用さが求められます。
また、要領よくてきぱきと仕事をこなしていくことも必要です。
これらが得意な女性は多いため、保育士の仕事をしたとしても、苦労せずすぐに順応できることが多いです。

保育士という仕事のメリットとデメリット

このように女性は基本的に保育士の仕事に向いている人が多いのですが、保育士の仕事にはメリットとデメリットがあります。
メリットとしては、子育てに対して理解してもらえやすいです。
そもそも、子育てをサポートするのが保育士なのですから、その職場が子育てに理解が深いのは当然のことでしょう。

産休や育休などを取得したいと主張すれば、快く受け入れてくれるでしょう。
また、職場には女性の数が多いため、色々な点で助かる場面が多いです。
女性ならではの悩みや不安を抱えていたとしても、それを相談したり、分かち合うことのできる仲間が身近に存在するのは心強いものです。

ただし、保育士の仕事にはデメリットもあります。
まず、とても体力のいる仕事のため、体力に自信のない方は向いていません。
子供の世話を一日中するというのはとても疲れるものであり、神経も使います。

保育士は一人だけで何十人もの子供たちを相手にすることになるため、とにかく疲れてしまうことが多いです。
そのような体力仕事を難なくやってのけるような女性であれば、保育士の仕事は問題ないでしょう。
保育士ならではの大変さをきちんと理解した上で、女性の仕事としての保育士について考えてみてください。