パティシエ

パティシエの仕事内容

パティシエのおもな仕事は、スイーツやお菓子などを作ることです。
パティシエとは洋菓子を作る人のことで、和菓子を作る人に対しては「和菓子職人」と呼ばれるようです。

パティシエの仕事ですが、勤めているところの規模によっても違ってきます。
街のパン屋やケーキ屋であれば、一人でお菓子の企画から仕上げのデコレーションまですべて担当することができるでしょう。
しかし、洋菓子メーカーなどに勤める場合には大量のお菓子を作る必要があり、部門ごとに担当が分かれています。

レストランやカフェなどで働く場合は、お客様の数が多いときなどは、チームを組んでお菓子作りをすることもあるようです。
小さなレストランやカフェであれば、お客様ごとに違ったお菓子やスイーツを提供できる可能性があります。
お菓子を作る個数によっても、パティシエの仕事内容は違ってきます。

パティシエに向いている人

パティシエに向いているのは、お菓子作りの好きな人や美味しいものを作るセンスのある人ですが、食べるのが好きな人も向いているかもしれません。
ただ、パティシエと言うと、「独創的なお菓子を作る人」みたいなイメージがありますが、几帳面さが要求されます。
お菓子作りは目分量ではなく、きちんと分量を量り、同じ味のお菓子を大量に作る必要があるからです。

また、ケーキに繊細な模様をつけたり、キレイにデコレーションする必要があることから、手先が器用なことも大切な要素です。
ケーキ屋さんのケースに並んでいるお菓子の大きさはどれも同じですが、値段が決まっていますから同じ大きさで統一する必要があります。
パティシエは、すべてのお菓子を同じような形や見た目に仕上げなければなりません。

お菓子作りは、開店と同時にお店にお菓子が並んでいる必要があることから、朝早く出勤しなければいけないでしょう。
お菓子作りには時間がかかりますから、仕込みも早朝となり、寝坊の許されない仕事です。

パティシエの将来性

パティシエの勤め先には、パン屋やケーキ屋、ホテル、レストラン、カフェ、洋菓子メーカーなどがあります。
どの程度の規模のお菓子を作りたいかでも、就職先が違ってくるでしょう。

パティシエとしての経験を積むならホテルやレストラン、大量にお菓子を作りたい場合は洋菓子メーカーあたりが良いかもしれません。
お客様の喜ぶ顔が見たいなら、街のパン屋やケーキ屋、カフェなどに勤めることで多くの人のニーズに合ったお菓子作りができるでしょう。

お菓子作りのコンテストに優勝して、世界的に活躍するパティシエもいます。
フランスなどでは、パティシエはたいへん名誉のある仕事として評価されています。
有名になれば、自分の名前をつけたお菓子を店頭で販売することもできるかもしれません。