テレコミュニケーターってどんな仕事?

テレコミュニケーターの仕事内容

テレコミュニケーターは、コールセンターで勤務をする人全般のことです。
別名「テレワーカー」や「テレフォンアポインター」といった名称が使用されることもありますが、基本的に電話を使ってお客さんの対応をしていくということで共通しています。

テレコミュニケーターの仕事は大きく二種類あり、「インバウンド(受信)」と「アウトバウンド(発信)」に分けられます。

「インバウンド」の代表的な仕事としては、メーカーや通販会社から依頼されて行う「お客様センター」です。

これは販売する商品についての問い合わせや注文を受け付けたり、クレーム対応や使用方法の説明などを担当していきます。

一方の「アウトバウンド」は、顧客リストなどで集めた電話番号に向けて情報を発信していく仕事です。
代表的なものとして商品営業やアンケート調査などがあります。

顧客に対して訪問のアポイントメントをとって、そこで返事をもらってから依頼主の企業の営業が客先を訪問するという形になっています。

いずれにしても基本的な応対ができるマニュアル(台本)がありますので、それに従いながら電話を受け答えしていくという形になるでしょう。

テレコミュニケーターとしてのやりがい

テレコミュニケーターの仕事は基本的に声を使ったものになるので、一般の仕事で求められるような服装や時間的制限があまりありません。

多くの職場ではパートやアルバイトなど非正規雇用で人材を採用しているので、時間的制限がある人にとっても働きやすい職場と言えます。

電話を通じて多くの人とコミュニケーションをとっていくというのはかなり専門的な技術が必要になるため、勤務歴が長くなることで次第に職業スキルが上昇していきます。

最初はかなり安い時給額からスタートすることも多いですが、まず研修を受けてからの仕事となりますので、未経験からでも十分仕事を見つけることが可能です。

アウトバウンド型の仕事などはアポイントメントが取れることで歩合制で給与がアップする制度もありますので、やる気次第でどんどん報酬を高めることができるのが大きなやりがいになってきます。

テレコミュニケーターが女性に人気な理由

テレコミュニケーターとして勤務をしている人の割合は大多数が女性です。
これは電話受付をするときに、女声の方が相手に柔らかい印象を与えられるということが関係しています。

また東京など都市部に本社がある企業が地方でコールセンターを依頼していることも多く、あまり通勤に時間をかけることができないという家庭の事情を持つ女性にとっても仕事を探しやすいというメリットがあります。

先輩からのフォローや休憩時間もきちんとしているところが多数あるので安心です。