ツアーコンダクター

ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターのおもな仕事は、旅行の企画や団体ツアーなどの手配を行うことです。
「添乗員」とも呼ばれており、観光客に付き添ってホテルのチェックインやチェックアウト、レストランの予約などを行います。
観光客に安心して、安全で楽しい旅行を提供することが、ツアーコンダクターの仕事となります。

旅行で集合場所に着いたら、名簿を確認しながら全員揃っているのか確認をします。
旅行中の注意事項を説明するのも、ツアーコンダクターの役目です。
いろんな人がツアーに参加しており、旅先でどんなことが起こるか予測できないため、あらかじめトラブルになりそうな内容を説明しておきます。

観光客に何かトラブルが起こったらツアーコンダクターの責任になるので、旅行中は気が抜けません。
旅行中に体調を崩す人がいたり、盗難に遭う人が出たりもしますから、トラブルに遭った場合の対処が必要になります。
観光客が観光地を回っている間や買い物をしているときなどに、ツアーコンダクターは次の予定の手配をします。

ツアーコンダクターに向いている人

ツアーコンダクターに必要な素質としては、周囲に気配りのできる注意力のある人でしょう。
他人のお世話をするのが好きな、奉仕精神の高い人が向いています。
観光客を楽しませるために、いろんな企画を提案できるぐらいの人であれば申し分ありません。

ツアーコンダクターになる人は、自分自身も旅行が好きで各地を旅しており、グルメ好きな人も多いようです。
好奇心が強く、各地の歴史に興味があり、知らない場所に関する情報を詳しく調べることのできる人が適任です。

ツアーコンダクターの仕事は、国内旅行と海外旅行に分かれています。
海外旅行のツアーコンダクターを目指すということになると、語学力が求められます。
また、身体が丈夫で体力があることなども、ツアーコンダクターになるのに必要な要素です。

ツアーコンダクターの将来性

ツアーコンダクターの勤め先ですが、旅行会社や旅行代理店などです。
フリーのツアーコンダクターや、ツアーコンダクター専門の派遣会社に登録している人もいます。
非正規雇用の波は旅行会社にも押し寄せており、ツアーコンダクター専門の派遣会社が増えているようです。

フリーのツアーコンダクターとして活躍する場合ですが、派遣会社に登録することになります。
ツアーコンダクターは派遣会社から旅行会社のツアーに同行して、観光客のお世話をします。

高齢者の多い日本では、シニア層のパックツアーに同行するケースが増えているとのことです。
また、語学が堪能な人であれば、海外旅行のツアーに同行することでツアーコンダクターのスキルアップとなるでしょう。
ツアーコンダクターの成り手の少ない地域を専門にすることでも、仕事が増えることが考えられます。