貿易事務ってどんな仕事?

貿易事務の仕事内容

グローバル化が進む現代において、貿易関連事務は多くの業種で求められている職種です。

国内での流通と異なり、海外との取引をする時には多くの事務手続きが必要になります。
貿易事務の仕事では、輸出入をする時に必要な書類を作成するとともに、打ち合わせや手続きをしていきます。

海外との取引で品物を受注・発注する時には、品物の運搬だけでなく倉庫の手配をしたり通関手続きや船積み手続きをしなければいけませんし、海外の銀行を通じて代金の回収をしなければなりません。

またクレームが起こった場合にどのように責任をとってもらうかということの所在をあらかじめ決めておかないと、大きなトラブルに発展してしまいます。

これらの煩雑な手続きをしていくためには、事務作業の流れを把握するとともに高い語学力が求められます。

さらに輸出入をする国によって税金の取扱や関連する法律が変わってくるため、そうした国々の事情に通じる知識もまた必要です。

貿易事務としてのやりがい

貿易事務の主な職場としては輸入商品を多く扱う商社などがあります。
商社は貿易取引の中心的な役割を担うため、専門で輸入業務を行いたいという人は商社関連の企業に就職するということが勧められます。

商社以外にも海外製品を取り扱うメーカーや、金融商品を扱う銀行や保険会社といったところでも貿易事務が募集されています。

さらに輸入代行業務を専門に扱う国際物流企業や船会社、フォワーダー(通関業者・海貨業者)なども専門的な貿易事務を行う企業です。

事務作業が中心ですが非常に高い能力が求められることから、就職の時には語学力や法律の知識、ファイリングの経験能力などが問われます。

それだけに就職をした時には条件もよく、国際的な視点に立ったやりがいのある仕事を担当していくことができます。

貿易事務が女性に人気な理由

貿易事務を担当するためにまず最大に必要となるのは語学力です。
特に英語については日常会話レベル以上のビジネス英語を流暢に使うことができることが絶対条件となります。

国内では中国との輸出入が多いこともあり、英語の他に中国語が使える人材は重宝されます。

語学を得意とする女性はその能力を活かして貿易事務の仕事をしていくことができるので、外国語専攻の学生などの就職先として人気です。

また最近ではネットショップで輸入雑貨を扱うお店が増えています。
結婚などの事情により退職をした人も、貿易事務の仕事を経験することで個人輸入で海外製品を販売するということができます。

もともと海外雑貨に興味がある人などは品物のセレクトも上手なので、そうした仕事をしていくためにも貿易事務を経験しておくのが便利です。