Webデザイナー

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーのおもな仕事は、企業のWebサイトや商店のホームページなどを作成することです。
見た目がスタイリッシュであったり美しかったりするだけでは不十分で、見る人の使い勝手の良さなども考えるのがWebデザイナーの役割です。
企業のWebサイトや商店のホームページには、商品を売るために集客するという目的があります。

Webデザイナーはクライアントが希望するWebサイトを制作するために、デザインを考えます。
最初におおまかなデザインを考えてから、文章や画像を挿入してWebサイト全体のイメージを決めます。
さらに、コーディングを行った後、文字のサイズや色などを修正して微調整をします。

WebデザイナーはWebサイトのデザインを行う以外に、商品が売れるようなデザインを行うことも重要です。
そのためには、デザインの知識のほかに販売の知識なども必要になるでしょう。

Webデザイナーに向いている人

Webデザイナーになるのに特別な資格は必要ありませんが、美大やデザインの専門学校を出ていたり、過去に紙媒体も含めたデザイナーの経験があれば、即戦力として歓迎されるでしょう。
パソコンに長時間向かって作業する仕事ですから、Webデザイナーには集中力と根気が必要になります。
Webデザイナーはパソコンを使いこなすことができて、「Illustrator」や「Photoshop」といったデザイン向けアプリケーションを操作しなければなりません。

Webデザイナーはクライアントと接する機会も多いことから、Webサイトに対する要望をしっかりと確認する必要があります。
室内での作業が多い仕事ではありますが、得意先とのコミュニケーション能力も必要となる仕事です。
また、Webデザイナーはライターやカメラマンなどほかの専門職の人たちと一緒にチームを組んで仕事をすることも多いので、協調性が必要になります。

Webデザイナーの将来性

Webデザイナーの勤め先として、デザイン会社、広告代理店、印刷会社などがあげられます。
一般企業の中にもデザイン部門を持っている会社があり、そこでは多くのWebデザイナーが働いています。
インターネットの普及によって従来の紙の媒体がデジタル化されており、今後ますますWebデザイナーの仕事は増えていくでしょう。

大きなデザイン会社なら、WebディレクターやWebプロデューサーへと昇進する可能性があります。
大勢の人をまとめあげる力や経営者としての才能があれば、将来独立してデザイン会社を起こすことも期待できます。

また、フリーのWebデザイナーとなり、独自に営業を行って企業と契約するという道もあるかもしれません。
手に職のあるWebデザイナーですからスキルが高ければ、比較的独立しやすい職種ということが言えるでしょう。