介護事務

専門性の高い事務

介護事務とは介護に関係する事務仕事をする仕事となります。
そのため、一般の事務と比べると専門性が高く、仕事の内容も大きく異なります。
介護サービスにおいては、介護報酬を計算して、その請求書を作成して国に請求しなければいけません。

そのための請求業務というのは、とても細かい作業となり、専門的なスキルが要求されるのです。
これが介護事務にとっての主な仕事となります。
他にも色々な種類の仕事があり、利用者に対して請求書や領収書を発行したり、電話応対や受付業務、手続きの説明といった仕事も含まれています。

このように介護事務の仕事とは多岐にわたっているのですが、その中でも特に複雑なシステムとなっている介護報酬請求業務を遂行するための能力を試験するのが介護事務の資格となっています。
介護事務の資格を習得しておくと、実際に就職活動で役に立つだけではなく、仕事でその能力を発揮できるでしょう。
事務の仕事のため女性向きであり、職場には女性がたくさんいます。

家庭との両立が比較的簡単に行えるのが特徴であり、そのために女性にとってはおすすめの資格といえるでしょう。
デスクワークが中心となり、それほど体力が必要とされず、安定した環境で長く働き続けることができます。
これからは高齢化社会がどんどん進行していくため、介護施設の数が増えることが予想されており、介護サービスも活発化するでしょう。
そのような時代においては介護事務の果たす役割は大きなものとなり、たくさんの需要が生まれるでしょう。

介護事務の資格

介護事務の資格としてはたとえば介護事務管理士というものがあります。
これは頻繁に試験が実施されており、受験者が多く、資格の有効性は高いです。
介護事務として仕事をするために必要なスキルを証明することができるため、ぜひとも受験をしてみましょう。

マークシート形式の問題と実技の試験を受けることになります。
受験資格はなく、誰でも簡単に挑戦することができます。
試験の合格率は50%となっていますが、きちんと対策をして受験することができれば、きっと合格することが可能です。

他にも、ケアクラークや介護事務実務士といった資格も存在しています。
たくさんの資格を取得しておくと、就職活動でのアピールポイントとなるだけではなく、介護事務に要求されるスキルや知識をスムーズに習得することができます。
資格を習得するというのは、その過程で色々なことを学ぶことができるのです。

介護事務を目指している方は、まずは資格試験の合格を目指して勉強すると良いでしょう。
また、実際に介護事務として働きながら資格の勉強を進めている方もいます。
資格を取り、即戦力として働き始めましょう。