介護職員初任者

介護職員初任者試験の内容

介護職員初任者は、2013年以前はずっと「ホームヘルパー」という名で呼ばれていました。
こちらの名称の方がなじみのある方が多いのではないでしょうか。
両者の違いですが、どちらも必要な研修時間は130時間ですが、ホームヘルパーにはなかった研修後の試験が、介護職員初任者では行われます。

介護職員初任者の資格自体は、地方自治体や民間の介護機関が開催している講座を受講すれば誰でも取得できます。
研修の修了後に「修了試験」が行われますから、この修了試験に合格できれば介護職員初任者認定となります。

ただ、介護職員初任者試験ですが、実施している団体によって試験内容が異なるようです。
全国一律の試験ではないことから内容がよくわからず、勉強しにくいというのがあるかもしれません。
しかし、この資格はほかの試験のように事前に勉強が必要というものではなく、研修内容が身についたのを確認するための試験となります。

介護職員初任者の合格基準

介護職員初任者の修了試験ですが、受験した人の7割以上が合格しており、真面目に研修を受けていれば合格できると言われています。
この資格は、はじめて介護の仕事に就く人のためのものなので、万が一合格基準に達しなかった場合でも、補講などを行えば再チャレンジできます。
同じ試験をもう一度受ければ合格できるものですし、それだけ介護の知識がしっかり身につくことになるでしょう。

現在、介護関連の仕事は慢性的な人手不足となっていますから、介護職員初任者は試験というより、介護に関する知識を多くの人に広めたいことから研修が行われています。
なお、介護職員初任者の上のレベルの資格に、「実務者研修」という資格があります。
介護職員初任者の研修を受けることで、この「実務者研修」が受けやすくなるとのことです。

介護職員初任者資格取得後

介護職員初任者は受験した人の合格100%を目指す介護の登竜門ですから、取得後は介護職員として現場に出て働くことができます。
介護職員の勤め先は多く、高齢者介護施設やデイサービスセンターなどで、介護が必要な人の普段の生活のサポートを行います。
何をすればいいかについては、実践的な研修の中でいろいろ学びますから、就職した後になって困るようなことはないでしょう。

ただ、幅広く介護の仕事をしたいと思った場合に、介護職員初任者は初心者向けの資格なので、ほかの資格を取得する必要が出てくるかもしれません。
先ほど書いた実務者研修などは、介護職員初任者よりステップアップした研修内容となっています。
しかし、介護福祉士やケアマネジャーなどの専門職を目指す場合には、介護の実務経験が3年以上必要になりますから、介護職員初任者の資格を取って実務経験を積む必要があるでしょう。