管理栄養士

栄養指導のプロフェッショナル

管理栄養士というのは国家資格の一つであり、栄養指導に関するプロとして活躍する人達のことです。
近年は健康ブームとなっており、また高齢化の問題や生活習慣病にかかっている人の数が増えていることなどから、食生活に関して注目されています。
どのような食事を取れば、健康的で豊かな人生を送ることができるのか、そのためのアドバイスをしてくれる存在が管理栄養士なのです。

管理栄養士の資格を習得することによって、色々な活躍の場があります。
管理栄養士というのは年齢や性別を問わずに活躍することができるため、女性におすすめです。
資格を持っているおかげで転職を容易にすることもできるでしょう。

資格手当がつくこともあります。
管理栄養士になることによって、その部署の責任者になることができたり、職場でリーダーシップを発揮しながら仕事ができるでしょう。
どのような職場であっても、管理栄養士の活躍する場所は存在しています。

病院や診療所などの医療機関から、福祉施設や官公庁、研究機関、一般企業など、非常に幅広い職場が存在しています。
結婚や出産で仕事を一時的に辞めなければいけなかったとしても、職場復帰を簡単にできるでしょう。
長いブランクがあったとしても、管理栄養士という国家資格の力によって、すぐに職場復帰できます。

それぞれの職場によって、異なる仕事を任されることもあります。
栄養指導に関するプロフェッショナルとして責任を持って仕事を進めることができるでしょう。

管理栄養士という資格について

日本では管理栄養士の資格は1962年に設けられました。
そのためかなり歴史のある資格であり、日本には管理栄養士の資格を持っている人がたくさんいます。
名称独占資格の一つであり、管理栄養士にしかできない仕事がたくさんあります。

管理栄養士は基本的に栄養士の資格を持っている人が国家試験を受けて合格することによって取得できます。
きちんと国が認めてくれる資格のため、その効力は強く、多くの人に対して大きな影響を与えることができるでしょう。

国家試験は毎年一度しか行われないため、きちんと対策をして受験に望む必要があります。
試験科目は200問あり、さまざまな知識を問われることになります。
合格率は4割前後となっており、難関な試験となっています。

しかし、きちんと試験勉強をすることができれば、合格することができるでしょう。
合格基準が設定されており、それを上回る点数を取らなければいけません。
毎年二万人以上の人達が受験する大規模な試験となります。

女性として専門的な仕事をしたいと考えている方は管理栄養士を目指すとよいでしょう。
他の仕事にはない特徴ややりがいがあり、いつまでも仕事を続けられます。