歯科助手

特別な資格がなくても働ける

歯科医院で色々な雑務を行う人のことを歯科助手といいます。
これはほとんどを女性がやっており、また女性がやりやすい仕事であるといえます。
特に国家資格があったり、法律によって定義されているわけではありません。

歯科助手の主な仕事としては、器具を清掃したり準備したり、あるいは患者の介添えを行ったり、石膏を練和するといった仕事があります。
また、受け付けをするのも歯科助手の役目となっています。
勘違いする方が多いのですが、国家資格となっているのは歯科衛生士の方であり、歯科助手は特別な資格がなくてもできます。

ただし、歯科助手に関する認定資格が存在しており、それを取得することができれば、基本的な知識を持っていることをアピールできるでしょう。
歯科助手は正社員として働く以外にもパートやアルバイトとして仕事をしている人達がいます。
それぞれのライフスタイルに合わせて雇用形態を選ぶことができるため、柔軟な働き方が可能となるでしょう。

結婚や出産により一時的に職場を離れていたとしても、すぐに復帰することができます。
歯科医院というのは予約制のところが多く、突発的な事態が起こりにくいため、きっちりと仕事時間を決めて働くことができます。
幅広い業務をこなすことになるため、やりがいを持って、楽しく仕事をすることができるでしょう。
女性として仕事をしていきたいと考えている方にはおすすめの職業の一つです。

歯科助手の資格について

歯科助手には特別な資格は必要ありませんが、認定資格を取得しておけば、即戦力として仕事ができる能力を持っていることをアピールできるでしょう。
自分の技術に自信を持って仕事を進めることができます。
また、医療事務や医療施設での仕事の経験があるならば、それもプラスとなります。

日本歯科医師会による歯科助手認定制度があり、それには乙種第一と乙種第二、甲種の三種類が存在しています。
講習会を受講して、実際に医院で臨床実習をすることにより認定されます。
ただし、受講資格には制限があることが多いため、気をつけましょう。

歯科助手というのは治療行為をすることはできないため注意してください。
もし歯科助手に治療を任せている医師がいるならば、それは違法行為となります。

歯科助手として仕事をしていると色々なスキルや経験を身に付けることができるでしょう。
やがては国家資格である歯科衛生士を目指す方が多いです。
そのため、スキルアップやキャリアアップを果たすことができるため、やる気を持って仕事に取り組めます。

歯科助手の仕事により、多くの方の歯の健康を支えるためのサポートができます。
とても意義のある仕事であり、たくさんの女性が働いています。