動物看護師ってどんな仕事?

動物看護師の仕事内容

動物看護師は、動物医療の場において獣医師のサポート役として看護活動をする仕事のことです。

海外では「アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)」として専門的な職業に扱われていますが、日本においては国家資格はなく、無資格で就職できる一般的な職業という位置づけになっています。

しかしペットブームにより街中で営業する動物病院が増加していることや、家族同然にペットを大切にする人が増えてきていることもあり、より高度な動物医療を望むニーズは高くなってきています。

そこで現在では動物病院で勤務する動物看護師は、ペット専門学校で専門課程を経てそこで民間資格を取得してから就業をしているのです。

動物系専門学校では、ペット用のケアをする「トリマー(グルーマー)」育成コースとともに動物看護師養成コースも設置しているので、学校で同時に資格を取得してその2つの技能を活かして就職先を探すという方法も多く取られています。

動物看護師としてのやりがい

動物看護師としてのやりがいは、やはりたくさんの動物達の命を救うための活動ができるということでしょう。

動物病院では病気やケガをした動物たちが多く訪れますが、そこでの診療行為を手伝ったり、その後の病後ケアに必要な施術もしていきます。

犬は飼育をするときに必ず地域自治体に登録をすることとなっていますし、猫を飼育する場合も定期的に予防接種を受けることが推奨されるものです。

また病気を患っていないか定期的に動物病院にかかるペットも数多くおり、継続的に地域のペットたちの健康管理をしていけるということが動物看護師としてのやりがいにつながってくるでしょう。

特に最近では都心部の住宅事情などから十分な運動をすることができなかったり、栄養過多な食生活により内臓疾患を患うペットが増加しています。

そこであらかじめ病気の予防を呼びかけたり、危険なペット由来の感染症を防いだり指導していくということも動物看護師としての重要な役割になってくるのです。

動物看護師が女性に人気な理由

動物看護師は民間資格のみとして取り扱われているので、実際に勤務をしている人数や男女比率ははっきりしているわけではありません。

ですがもともと動物が好きで、その生命を救うための活動をしたいと考える女性から多く職業として選ばれています。

動物病院に勤務をすることにより、地域に住むペットたちと顔をあわせる機会が増えることから、より多くの動物たちとふれあいたいと考える人にとってもおすすめになります。

自分自身でペットを飼育していたり、その経験がある人などはそれを職業として活かしていけるということも、動物看護師として働く魅力といえるでしょう。