ドッグトレーナーってどんな仕事?

ドッグトレーナーの仕事内容

ドッグトレーナーは、委託を受けて犬を預かり、しつけや各種訓練をしていく仕事です。

ドッグトレーナーとなるために必須となる資格は特にありませんが、無資格・未経験では仕事をすることが難しい専門職であることから、ほとんどの人はまずペットスクールなどで養成課程を経てから仕事を探します。

学校卒業後の就職先としては民間の訓練施設が多く、そこで見習い期間を経て一人前のトレーナーとなります。

その後は同じく訓練施設で依頼される犬の訓練を行うか、もしくは独立して犬のトレーニングを担当していくことになるでしょう。

訓練をする犬としてはペットとして飼われているものが大半で、きちんとしつけをされてこなかったために無駄吠えやトイレができないというようなケースがあるものです。

警察犬や盲導犬、災害救助犬など特定の目的のためのトレーニングをすることも業務に含まれます。

訓練所での見習い期間では、給与面は非常に低くなかなか厳しい状況が続きますが、2~3年ほどで一人前のトレーナーとして独立することができるため、そこからは自分なりの働き方を探していくことが可能です。

自身で訓練所を開いて独立開業をすることもできるので、長い目でみた就業が勧められます。

ドッグトレーナーとしてのやりがい

ドッグトレーナーのやりがいは、犬の訓練を通して社会貢献をすることができるということです。

空前のペットブームに乗り、十分な知識を備えないうちに犬の飼育を開始してしまい、結局手に負えなくなってしまうという人は非常に多数存在しています。

そうした犬は、飼い主の勝手な都合で保健所につれて行かれて殺処分を受けるなど、不幸な結末を迎えてしまうものです。

しかしドッグトレーナーによって犬たちをきちんと飼育することができれば、人に迷惑をかけずにきちんと共存できるようになってくれます。

また警察犬や盲導犬、災害救助犬といった犬たちは、人間ではできない特殊な業務を担当していく重要な職業犬です。

そうした犬を育成することは簡単な技術ではできませんので、ドッグトレーナーは自分の仕事に誇りを持ち社会に役立つ仕事をしていくことができます。

ドッグトレーナーが女性に人気な理由

ドッグトレーナーとして勤務をしていくためには、まず何よりも犬を愛してその生命を大切にしていくという気持ちが必要になります。

人にそれぞれの性格があるように、犬たちにも個性がありますので、ドッグトレーナーはそうした素質を見て適切な指導をしていくということが大切です。

ドッグトレーナーとして勤務をしている人は男性・女性ともにいますが、もともとペットが好きで動物と関わる仕事をしたいと考えている女性にとっては人気の職種となっています。