フードコーディネーター

職の世界の専門家

フードコーディネーターというのはいわば食の世界の専門家です。
食に関するさまざまなことをコーディネートしていく仕事であり、
色々な場所で活躍しています。たとえば、商品開発に携わったり、
レストランのプロデュースをしたり、販促やメディアなどの仕事でも
力を発揮しています。

食をテーマとした色々な仕事を行うことによって、人々を
豊かにしていくのがフードコーディネーターの仕事となっています。
このようなフードコーディネーターは女性に向いている仕事です。
その理由の一つとして、まず、子育てをしたり、家庭で食事を作った
経験を活かすことができます。

フードコーディネーターの仕事をするならば、実際に料理をしたり、
食育について考えた経験がとても大切です。主婦としての経験を
大きく活かすことができるため、女性にピッタリな仕事といえるでしょう。
結婚や出産をきっかけとして一度仕事をやめた方が、今度は
フードコーディネーターとして再び仕事を始めるようになるのは
珍しくありません。

実際に家族に対して料理を作ってあげていた経験をそのまま
活かすことができるのです。また、フードコーディネーターは色々な人と
関わることになるため、コミュニケーション能力を活かすこともできます。
女性の方が人付き合いへの抵抗が少なく、誰とでも別け隔てなく
接することができるでしょう。

家庭と仕事を両立させることもフードコーディネーターは
不可能ではありません。基本的にフードコーディネーターとは
フリーランスとして働くことになり、自分で仕事の量を
調節することができるからです。

また、昨今は調理や製菓の専門学校を経て、フードコーディネーター
として働く人も多く、高校生や大学生の人がフードコーディネーターを
目指すケースも少なくありません。

参考:製菓(パティシエ)の専門学校【レコールバンタン】

フードコーディネーターの給与とやりがい

フードコーディネーターの給与に関してはかなり幅が広く、
300万円から600万円の間の方が多いです。どのような企業へ
就職しているのか、あるいは独立開業してどんな仕事を
しているかによって、収入は大きく異なるでしょう。

とくにフリーランスの方の場合には、色々な仕事を
こなすことができればかなりの高収入を実現することができますが、
仕事が少なくなれば当然収入も低くなります。

フードコーディネーターとして、どのような立場で仕事をするかによって、
給与は変わってくるため、自分の働き方についてよく考えましょう。
フリーランスの場合には、自分がどのようなフードコーディネーターと
なりたいのか、目的や目標などをしっかりと持つことが大切です。

フードコーディネーターというのは色々な仕事をすることがあり、
変化が多く、たくさんの人と関わることになります。そのため、
豊富な経験をすることができて、多くの人に感謝されたり、
笑顔を届けることができるでしょう。