助産師ってどんな仕事?

助産師の仕事内容

助産師は、産婦・妊婦・褥婦・新生児に対し、保健指導をしていく専門職です。
女性の妊娠から出産と、その回復期までを全般的に対応していくことになります。

助産師として仕事をしていくためには先に助産師資格を取得する必要があり、そのためには国家試験に合格をしなくてはいけません。

助産師資格は看護師資格の上位資格と位置づけられていることから、先に看護師資格を取得した人がその後専門課程を受けて、新たに助産師試験を受けることで免許の取得ができます。

言い換えれば助産師は看護師がお産という部門について専門性を学んだということで、看護師として許可されている医療行為にプラスして、お産に関する医療行為の権限が大幅に広がります。

助産師としての主な勤務先は産科のある病院や診療所の他、独自に開業した助産院などとなります。

助産師としてのやりがい

助産師としてのやりがいは、女性にとって人生の重大事である「お産」に全般的に関わっていけるということです。

通常の看護師としての仕事の場合、産科医の指導のもと補助的な役割のみを行います。

しかし助産師としての資格を取得することにより、産科に勤務をするときに独自に担当を持ち、妊婦などに対して中心的な指導をしていくことができます。

もっとも専門的な処置や診療については産科医によることになるのですが、正常分娩をすることができる妊婦については独自に担当が可能です。

もともと助産師という資格は以前より存在していた「産婆」がきちんとした制度として認められたという経緯があります。

産婆というのは地域共同体の中にあり、お産を迎える女性に寄り添ってその健康指導をしていく、先輩的な存在として機能していました。

そのため助産師は産科医とは役割が少し異なり、より妊婦の目線に立った世話をしていくということが社会的意義とされています。

助産師が女性に人気な理由

看護師資格やもう一つの上位資格である保健師は国家試験の受験要件に性別の限定はありませんが、助産師の場合は女性しか取得をすることができません。

そのため助産師は100%が女性ということになります。
男性の助産師を認めようという意見も近年では出てきていますが、現段階では具体的にそうした制度変更が行われる予定は立っていません。

これはかつての「産婆」という職業が、女性による女性のための仕事であったということが深く関係しています。

助産師資格を得ている人が全て出産を経験しているわけではないのですが、女性特有の生理現象を理解しているからこそ、その体調に配慮した健康指導をしていくことができると言えます。

助産師として勤務をするときには、その歴史的意義も意識して行っていきたいところです。