簿記ってどんな資格?

簿記の資格概要

簿記資格は、一般的な会社運営をしていく時に必要になる会計事務を行うための資格です。

求人で「経理」や「会計」といった業種で募集されている案件では、ほぼ全てのところで「簿記検定3級以上」といった資格条件が付けられていることと思います。

経理や会計事務を行うにおいて、簿記資格がなければ就業をしてはいけないという法律や制限はありません。

しかし実務において経理事務をしていくときには基本的な企業会計の知識が必要になることから、あらかじめ資格取得を条件としている場合が多いのです。

日本国内で簿記資格として行われている資格は大きく3種類となっています。
最も有名なのが日本商工会議所が主催する「日商簿記検定試験」で、次いで全国経理教育協会主催の「全経簿記能力検定試験」、全国商業高等学校協会主催の「全商簿記実務検定試験」です。

これらを区別するために「日商簿記」「全経簿記」「全商簿記」というふうに呼ばれることもよくあります。

知名度としては「日商簿記」が最も高いですが、その他の簿記も何級まで取得しているかにより日商簿記で何級相当にあたるかということはすぐに分かるようになっているので、どの資格を取得したから有利ということは特にありません。

簿記資格を取得するメリット

簿記資格を取得することにより、企業会計のしくみを理解することができます。
いわゆる「帳簿」への記載業務がこれにあたりますが、企業活動をしていくときに必要になる売上に対して、かかる経費を計算するということが主な役割です。

企業活動の目的は収益を上げることですが、例えば一つの品物を売るためには、それを作ったり発注したりするためのお金がかかりますし、その他にも運送費用や営業するためかかる用具や資料などの金銭がかかります。

会社として経営するならばオフィスの賃料や光熱費、社用車の維持費用、さらには従業員への給与や福利厚生などさまざまな費用がこまごまと発生していくことになるでしょう。

そうした会社全体としてのお金の流れを把握し、帳簿に記載していくことができるようになる知識を備えることが、簿記検定の最大の目的です。

簿記取得までの流れ

簿記検定試験は受験資格に特に制限はありませんので、誰でもいつでも試験を受けることができます。

先に説明した簿記検定試験の日程を調べて申込みをすることにより、何級からでも自由に受験が可能です。

日商簿記検定の場合、4級~1級までがあり、試験日は6月、11月、2月の三回となっています(1級のみ6月と11月)。

就職に必要な最低限のレベルは日商簿記3級以上とされていますが、2級以上に合格することでより高度な経理事務に就業ができるでしょう。