1. >
  2. >
  3. 調理師ってどんな資格?

調理師ってどんな資格?

調理師の資格概要

調理師資格は、国家資格として行われている食品を扱う仕事のための資格です。
飲食店の厨房業務に勤務をする時にはかなりの影響力があり、取得をすることにより調理に関する基本的な技能を備えていることの証明になります。

飲食店の厨房に勤務するときに必須となる資格ではないため、必ずしも調理師免許を取得する必要があるというわけではありません。

ですが調理師資格では、調理方法だけでなくそれぞれの食材の性質や保管方法、さらに飲食を提供する時に必要となる衛生の知識や法律的制限を学ぶことが可能です。
そのため、より専門的に飲食業に携わっていくためには取得をしておくことが強く勧められるのです。

資格試験は各都道府県によって管轄されており、調理師法に定められている養成施設を修了するか、もしくは必要な実務経験を経て調理師免許試験を受験することにより取得できるようになっています。

調理師法では飲食店を運営するに際し、調理師を置くように努めなければならないという努力義務として設置を推奨しています。

調理師を取得するメリット

努力義務とはいえ、調理師がいないからといってその飲食店が何らかの法的罰則を受けるわけではないため、一見調理師免許はそれほど必要のない資格のようにも思えます。

しかし調理師免許があることにより、飲食店経営に必須である「食品衛生責任者」の資格が申請のみで取得できるというメリットが有るのです。

無資格者が「食品衛生責任者」となるためには、都道府県が実施する講習を1日受けなくてはならないことになっています。

また調理師免許を取得することにより免許状が発行されることになるので、それを飲食店などに掲示することができるようになります。

飲食を提供する場所は営業店舗だけでなく、病院や社員の福利厚生用の食堂、幼稚園・保育園といった場所もあり、そうしたところでは衛生面に知識のある調理師が在籍しているかどうかは重要な信頼性につながってくるでしょう。

調理師免許取得までの流れ

調理師免許を取得するルートとしては大きく、「養成課程のある学校を卒業する」かもしくは「実務経験の後に試験を受ける」ということがあります。

ほとんどの人は調理師専門学校に通い、そこで実際に調理の方法を学んで免許を取得します。
調理師免許のための養成課程は1年以上となっており、夜間でも通える学校も多いことから、より手軽に取得するための方法としても選ばれているのです。

試験を受ける場合は2年以上の実務経験が必要とされているので、最短ルートとしても学校に通うという方法が勧められます。

なお2年間の実務経験はパートやアルバイトなどでもよく、その場合は1日あたりの労働時間が細かく定められています。