仕事中に指輪を付けるのはアリ?ナシ?

結婚指輪であれば問題ナシ

仕事中の服装に対して、私服やオフィスカジュアルが許可されている企業は
多く存在しますが、アクセサリーについては明解な基準がなく、
個人の裁量に任せられてるケースがほとんどです。

とくに、アクセサリーの中でも身に着ける人が多い指輪は、
仕事中にアリなのかナシなのかが気になる人は少なく無いでしょう。

結論を言えば、結婚指輪であればとくに問題ないと思われます。
とくに既婚者の方は普段から指輪を付けていることが多く、
仕事中に付けていたとしても、咎められることは少ないでしょう。
これは、男性においても女性においても、同じことが言えます。

中には例外となるケースも

ただし、働く場所によっては指輪が認められていないこともあるため、
注意が必要です。とくに、飲食店や工場においては、衛生や安全面の観点から、
指輪を付けることをマニュアルで禁止しているケースが多くなっています。

また、あまりにハデな指輪であるようなら、結婚指輪であっても
仕事中に付けないほうがいいでしょう。あくまで常識の範囲内の
デザインであれば問題ないということを留意しておいてください。

ちなみに、「結婚指輪の専門店や宝石店」で売られる指輪も、
普段から付けていても問題の無い控えめなデザインの指輪が多くなっています。
結婚後にも指輪を付けて生活したい人であれば、仕事中のことも考慮したうえで
指輪のデザインを選ぶといいでしょう。

外出中は指輪を外さない方がいい

最後に、指輪を付けて外出する場合は、外出先で出来るだけ指輪を
外さないようにしましょう。指輪は小さく紛失しやすいため、外出先で
無くしてしまうと、そのまま見つからない可能性も高くなります。

結婚指輪を無くすのは、精神的にも金銭的にもダメージが
大きいものです。どうしても指輪の付け外しが多くなってしまう場合は、
管理を徹底するようにしてください。